4世代8人国際家族の文鮮明、韓鶴子夫妻に学ぶエッセイ                                      文鮮明師御夫妻のみ言と生きざまに学ぶエッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せってなんだろう (2)

コスモス 手足が不自由なために口を使って美しい詩画を描かれる、
星野富弘さんの著書『鈴の鳴る道』の中に、このようなことが書いてありました。

彼は車椅子でデコボコ道を走るのは嫌いだったそうです。
あるとき小さな鈴をいただき、銀色の美しい鈴が揺れるのを見たくて
車椅子にぶら下げたそうです。

「チリーン、チリーン」デコボコ道を通り抜ける時に心にしみる澄んだ音色
その音に感動し、その日からデコボコ道を通るのが楽しみになったそうです。

また、友人である優秀な医師が冗談で話してくれたことで、
とても印象的な話がありました。
彼の患者の中に、とりたててたいした病気ではないのに、
ここが悪いあそこがおかしいと自分で診断を下す老人がいたそうです。

ほとほと困り果てた彼は
「これは最高の薬ですよ。すぐに治りますから心配しないで!
ありがた~くきちんと飲んでくださいね」
と言ってビタミン剤を処方したそうです。
数週間後、患者はすっかり元気になって、彼に感謝し退院して行ったそうです。

この話をそのまま捉えたら大変なことになりますが、
彼は医師としてのプライドと責任を持って老人の治療に当たったに相違なく、
彼の患者に対する献身的な愛の心と、彼を信頼する老人の心が招いた結果であると、
私は思いました。

(余談ですが、どんなに最高の薬と技術を施したとしても、
その背後に患者を愛する心がなければ最高の医療にはならないかもしれません)

「病は氣から」という言葉があります。本人の気の持ち方がとても重要です。

病気の人や悩んでいる人に勇気や希望を与えている周りの人の
「気の持ち方」もまた大切です。


すべて気の持ちよう!!


今自分に与えられている環境や現実に感謝しよう。




illust336_thumb.gif

 

きょうも最後まで読んでくださってありがとうございます!
応援クリックをしていただけると嬉しいです。 
   ↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sato family

Author:sato family
名前:sato family
4世代、8人国際家族と犬一匹
長野県出身の東京都在住
宣教師

著書:『心を甦(い)かして』(文芸社)
  『成功と幸福を呼ぶ不思議な言葉集』
 

地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

アナログ時計
素晴らしい時間となりますように…
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ村ブログランキング
クリックでランクを確認できます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2ブログランキングは            カテゴリ学問・芸術・文化→小説・詩
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クラシック演奏会
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。