4世代8人国際家族の文鮮明、韓鶴子夫妻に学ぶエッセイ                                      文鮮明師御夫妻のみ言と生きざまに学ぶエッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベン・チ・ビーが教えてくれたこと

ずいぶん前に読んだエッセイの中で今も鮮明に残っている感動的なお話がある。

ブラジルに住んでいる主婦の体験記である。

その話を簡単に紹介しましょう。

              ベン・チ・ビー

早春の朝の静寂を破って、つがいらしい二羽の鳥が荒々しく羽音をたてていた。

胸から腹にかけて黄色の美しい鳥であった。

何だろう? 不思議に思って外に出ると、孵化して間もない一羽の雛が、路上の上をピョンピョンはねていた。

家の前の街路樹に作った鳥の巣から落ちてしまったのか、もう飛べると勘違いして失敗したのか。

このままにしておいては危険である。

とにかく保護してやらねばと、雛に近づくと

頭上から一部始終を見ていた親鳥は激しく羽ばたいて、警戒の声を発した。

飛び跳ねる雛をやっと捕まえて、子供達が昔飼っていた鳥カゴにそ~と放してやった。

しかし、この雛をどうやって育てたらよいのか、成長した鳥なら何とかなるが…。

とりあえず、自力では餌も食べないであろう

パンにミルクを浸した物を雛の口の中に恐る恐る入れてみた。

すると、雛は口の中のパンを食べ始めた。

よっぽどお腹が空いていたのだろう。

とにかく何でも食べてくれたら生き延びることはできるであろう、ひとまず安心した。

翌朝、鳥の甲高い声で目が覚めた。

また別の雛が落ちたのかと外に出てみると、昨日の二羽の親鳥が、こちらを見て雛を探している。

家の中の雛も親鳥の声を聞きつけて、盛んにバタバタしている。

慌てて、鳥かごを庭に出してやると、親鳥は安心したのか飛んで行ってしまった。


お昼ころ、例のミルクパンを食べさせようと庭に出て、鳥かごの中から雛を取り出そうとした瞬間、

一粒の濃い紫色の桑の実が目に入った。

子供たちが学校の帰りにどこかで取ってきて、雛に与えたに違いない。


夕方、夕食を食べさせようと鳥カゴをのぞくと、今度はエンドウ豆が目に映った。

こんな大きな豆を食べさせたら喉に詰まらせてしまう。

子供たちが雛を心配して与えているのは微笑ましいが、少し注意しなければと子供たちを呼んだ。

すると、子供たちは桑の実もエンドウ豆も知らないと言った。

では、いったい誰が? 

三人で顔を見合わせてから 「そうだ!親鳥だ!!」と同時に叫んだ。


次の朝、それを確かめようと、鳥かごを庭に出してから、カーテン越しに鳥かごをうかがった。

すると、一羽の鳥が口に何かくわえてやって来た。

雛鳥は今まで見せたことのない大きな口を開けて、親鳥が与える餌を待っている。



それ以来、日中は親鳥が安心して来れるように鳥カゴに近寄らないで見守ることにした。

幸いに、雛の羽も生え、籠の中で力強く羽ばたいている。

もう放してもよいだろうか? 飛べるであろうか?

家族全員で話し合った結果、12日目の朝、雛を親鳥に返してやろうと街路樹の下に行った。

いつの間に来たのか親鳥が二羽、庭木に止まって心配そうに見ている。

鳥かごの戸をあけてあげると、しばらく首をかしげて様子をうかがっていたが、

力づよく羽ばたいて、見事に舞い上がった!

すると、二羽の親鳥も同時に舞い上がり、雛の後を追って三羽が寄り添って飛んだ。

三羽は円を描きながら「ピ~ッ」と甲高い声で鳴きながら飛び去って行った。

 
                  *
著者は

わずか、12日間という束の間の鳥たちとの出会いであったが、この小さな生き物にも親子の

また、夫婦の細やかな愛情があることを教えられ、胸の膨らむような感動を覚えたと。

後日、この鳥がブラジルではどこにでも生息している「ベン・チ・ビー」という名の鳥であり

ベン・チ・ビーと鳴くところからこの名前がつけられたことを知ったと言う。

ベン・チ・ビーと啼く小鳥 (ベン・チ・ビー)
                  (ベン・チ・ビー)


最後まで読んでくださってありがとうございます!
応援クリックをしていただけると嬉しいです。
 
   ↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sato family

Author:sato family
名前:sato family
4世代、8人国際家族と犬一匹
長野県出身の東京都在住
宣教師

著書:『心を甦(い)かして』(文芸社)
  『成功と幸福を呼ぶ不思議な言葉集』
 

地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

アナログ時計
素晴らしい時間となりますように…
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ村ブログランキング
クリックでランクを確認できます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2ブログランキングは            カテゴリ学問・芸術・文化→小説・詩
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クラシック演奏会
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。