4世代8人国際家族の文鮮明、韓鶴子夫妻に学ぶエッセイ                                      文鮮明師御夫妻のみ言と生きざまに学ぶエッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケネディ国際空港での出来事

                            
                        ジョン・F・ケネディ国際空港
                            (ジョン・F・ケネディ国際空港)

2003年9月1日、ジョン・F・ケネディ国際空港での出来事である。

アメリカ、ニューヨークでの宣教任務を終えて帰る時のこと。

私が日本に帰国すると知って、公館(ベルべディア)に帰国の前日、私は呼ばれた。

ご子女様の大事な荷物を日本まで運んで欲しいとのことだった。

その荷物は、チェックの柄で伸縮可能な布製のとても大きな旅行バックであった。

一人では運べずに、数人が手伝って車に乗せて宿泊先の教会ダウンタウンまで運んでもらった。

帰国当日朝9時に、私を空港まで送って下さるはずの人達が、
早朝訓読会に出席するために都合が悪くなってしまった。

朝の2時(つまりAM2時)なら送ってあげると言われた。

私のフライトはユナイテット航空801便、13時ジャストである。

送ってもらうには、あまりにも早すぎる。しかしタクシー代節約のためには仕方ない。

まだ星の明るい午前2時、私は大きな荷物と一緒にジョン・F・ケネディ国際空港に向かった。

車で約1時間、空港に到着。


しかし空港内部は電気が点いていたが入口のドアは鍵がかかっていた。

外にいることはできない、ドンドンと入口のガラス戸をたたくと中から警備員さんが出てきた。

中に入れて欲しいと頼んだが断られた。

「朝7時に開くので出直して来い」と彼は言った。

「荷物がたくさんあってそれはできない。入口ドアの隅でいいから入れて欲しい…」と懇願した。

「もう仕方ないな~」と迷惑そうな口調でドアを開けて彼は立ち去った。

アメリカ、ケネディ国際空港はとても大きな空港である。

私は、自分のスーツケースと大事な荷物を引きずって中に入り、近くのベンチに腰かけた。

AM3時、誰もいない、ガランとした空間の中で私一人。

何の音もしない。ただエアコンから噴き出してくる冷気の音が、やけに大きく聞こえる。

しばらく座っていると、体がグングン冷えた。

エアコンの冷気が高い天井からまっすぐ降りて、私の体を直撃していた。

こんな所で朝7時までいたら大変なことになる…。

エレベーターもエスカレーターも止まっている。

大事な荷物を置いたままにしてどこにも行けない。


時々、あの警備員さんが、怖そうな目つきで私を見ながら目の前を通り過ぎる。

大きな荷物を抱え込んで眠ろうとしたとき、なんと子女様のバックが破れているではないか!

中の衣類がのぞいていた。誰の荷物かわからないが大事なものである。

「ワッ~! 大変なことになった! どうしよう!」

「無事に届けてください。大事な荷物だからよろしくお願いします!」と言われた言葉が蘇る。

私は自分のスーツケースにかけていたベルトをはずして、破れを補強した。

朝7時、7時になったらなんとかなるかも…。しかし、何と長い時間であろうか。

定期的にやって来て私を見て行く、警備員さんの姿が遠くに見えると、私は寝たふりをした。

寝たふりも、いつの間にか本当の眠りになり、ありがたいことに時間がだいぶ過ぎていた。

周りにちらほら人の姿が見える、空港の職員らしい。

あの警備員さんが近づいて、初めて私に声をかけてきた。

「7時になったら、地下にあるコーヒースタンドが開くよ。温かいコーヒーでも飲みなさい」と言った。


7時になった。

今まで止まっていた、電光掲示板も作動し始め、にわかに空港が動き出した。

「温かいコーヒー」は、冷えた体を温めるには福音である。

しかし、この壊れた大きな荷物を引きずっては動けない。

さらに私のフライトチェックインは、2時間後の9時である。

空港内に人が増えてくると私の姿は、雑踏の中の小さな一点にすぎない。

誰も私を注目はしない、やっと私は安心した。


私の背中を誰かが叩いた、いつの間に眠ってしまったようである。

顔をあげると、あの警備員さんではない別の警備員さんがコーヒーカップを手にして立っていた。

そして言った、「チェクインの時間だよ。これを飲んでから○○カウンターに行ったらいいよ」

きっと、あの怖そうな警備員さんが、交代した彼に私のことを伝言したに違いない。


フライトの時間を聞かれ「午後の1時です」と答えたとき、すごくびっくりしていたあの警備員さん。

彼にお礼も言えないまま、温かいコーヒーとあの警備員さんの親切と愛を飲みほして、

私は11時間後、たくさんの思い出を胸に秘めてアメリカを飛び立ったのです。


こんな記録を作ったのは私だけではないかもしれませんが、こんな思い出をたくさん作ってくださったアメリカの人達に感謝しました。

                   *

海外宣教! 文鮮明師は1950年代から過去にたくさんの宣教師を180ヶ国以上の世界各国に送った。

私もそのひとりであって、特に2002年の宣教は14万4千のアメリカ聖職者祝福のための派遣であった。

天命を受け出発するが、先々でいろんな危険やハプニングが起きる。

しかし、そんな時、私はたくさんの人を通して私を守っている神様を、いつも傍に感じるのである。

涙と汗の苦労はたくさんあるが、しかしそれはそれ以上の大きな感謝と喜びに変わる。
                         
                   *

2003年9月1日、日本に帰ってしばらくしてから、ご子女様からお礼の手紙とプレゼントが届いた。

中味は、淡いピンク色の靴下カバーであった。

それは、あの懐かしい思い出と大事な私の宝物となっている。




最後まで読んでくださってありがとうございます!
応援クリックをしていただけると嬉しいです。
 
   ↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
シワ
師匠と神様のドラマは感動的ですね。
リンゴの想いでも泣けましたけど、神様との出会いの幸せが顔のシワになってシワシワになるのですね。
老いてシワの数が増えるのは神様に愛された幸せの数と悟りました。
2009/08/29(土) 01:50 | URL | 応援鯛 #-[ 編集]
感動的なコメントありがとうございます
シワとシワを合わせて幸せって言うでしょう?
私のように顔にシワのないのは修行がまだ足りないってことだと悟りました。
2009/08/29(土) 20:35 | URL | sato family #4Ba.rHU.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sato family

Author:sato family
名前:sato family
4世代、8人国際家族と犬一匹
長野県出身の東京都在住
宣教師

著書:『心を甦(い)かして』(文芸社)
  『成功と幸福を呼ぶ不思議な言葉集』
 

地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

アナログ時計
素晴らしい時間となりますように…
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ村ブログランキング
クリックでランクを確認できます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2ブログランキングは            カテゴリ学問・芸術・文化→小説・詩
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クラシック演奏会
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。