4世代8人国際家族の文鮮明、韓鶴子夫妻に学ぶエッセイ                                      文鮮明師御夫妻のみ言と生きざまに学ぶエッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神に捧げた愛と命とー殉教(3)-

殉教された小幡憲昌さんの尊い生涯を『神に捧げた愛と命と』(光言社)を参考に書かせていただきます。

ko-syabon3.gif
小幡憲昌(おばたのりまさ)さん  
  1956年5月10日 長崎にて出生
  1976年9月     世界基督教統一神霊協会に入教
  1985年9月     志願して渡米。テネシー州ナッシュビルで活動
  1986年3月19日 公園にて銃撃され昇華(享年29歳)
  2004年5月1日  殉教部門「真の父母賞」受賞

1985年9月、自ら志願して米国に渡った。もちろん宣教のためである。
彼に与えられた任地が、テネシー州ナッシュビル。

この地に来て半年後に、彼は千葉県に住む母親にあてて、一通の手紙を書いている。
「食べたいと思っていたお餅や、それからラジカセを、どうも有難うございました。新しい物だったので驚きました」と母親の心遣いにお礼を述べ、憲昌さんは己の胸中を吐露して、次のようにつづる。

「『もし世界を得ても生命を失ったら何になろうか。得ようとする者は失い、失おうとする者は得るであろう』という聖句がありますが、公的に生き、犠牲になって死んだとしても、永遠に住む本郷の地、霊界でどれだけの喜びを得るでしょうか。
愛したという心情の実績だけが、霊界に持って行くことのできる私たちの宝です。
自分は、自分に一粒の麦となって死ぬことを許してくれるお母さんを本当に誇りに思います」


続いて、自分は氏族の代表という意識で米国に来ているのだと言及し、再び「自分は本当に感謝しています。
お母さんがいたから、今まで生きてこれました。
そして、国のために、米国のために、氏族のために、お母さん、本当にありがとう。
本当に感謝します。もしできるなら、自分が良く生き、良く死ねるように祈ってくだされば幸いです」
と、感謝とともに並々ならぬ決意を披歴している。

米国に対する神の真の願いと、現実の米国社会との間にある、あまりに激しいギャップに嘆き、その深い溝を埋めるためならば、喜んで我が身を差し出そう・・。
そんな覚悟を、彼はひそかに心に抱き,それを日本に一人残る母に伝えたのが、この手紙のように思えてならない。

だが、我が子の「遺書」のような手紙をもらって、母の昌子さんは返事を出さなかったという。

小幡さんはその後、谷口伸子さんにも似たような文面の手紙を出していた。
「近々、黒人牧師の教会で証しをするようになっているので祈ってほしい。・・・自分は今、自分の身の上に起きるすべてのことに感謝できる境地になったので、安心してください」こう記して、
ヨハネによる福音書第十二章の有名な「一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただ一粒のままである。しかし、もし死んだなら、豊かに実を結ぶようになる」という聖句が添えられていた。

小幡さんが母の昌子さんに出した手紙の日付は、1986年2月8日だった。
それからちょうど40日後の3月19日。
憲昌さんは、教会のメンバーがよく祈祷するために集まる教会近くの公園で、翌週の日曜日に黒人牧師の教会で話す準備のための訓読中に、背後から銃撃されたのだった。

皮肉にも彼を撃ったのは別のキリスト教会の黒人牧師の息子で、麻薬常習者だったという。

母親の昌子さんにしてみれば、女手一つで育て上げた、一人息子の突然の死。
激しい怒りをぶつけてもおかしくはなかった。だが、昌子さんはそうはしなかった。

米国で変わり果てた憲昌さんの遺体と対面した昌子さんは、不思議な感動に包まれたのである。
これはどういうことなんだろう。

その時、彼の青春、彼の人生を決定づけた教会の教えを聞いてみないといけないと思ったのです。

憲昌さんの死は、ただの「死」には終わらず、愛する母親を伝道し、さらに祖母へとみ言葉は広がっていったのである。

小幡さんが生涯を通じて愛した米国でも、多くのクリスチャンや牧師らが伝道された。

現在、黒人牧師たちが積極的に文鮮明師ご夫妻を証しし、神のみ旨をリードしていることと、小幡さんの殉教、昇華とは深いところで結びついているに違いない。

昌子さんは教会で、若いメンバーや女性教会員から「お母さん、お母さん」と慕われている。

「一粒の麦」は死に、数知れない人々の命を復活させた。
彼の最後の手紙の内容は文字どおり豊かに成就したと言えよう。


******************************************
最後まで読んでくださってありがとうございます!
よろしかったら応援クリックをお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
なみだ2
なきました2。
2009/08/13(木) 16:09 | URL | 応援鯛 #-[ 編集]
Re: なみだ2
応援鯛さん

コメントありがとうございます!

泣いてくださる方がいて,故人の方が喜んでくださるでしょう!

お盆でもありますから、お花をあげてお祈りさせていただきました。
2009/08/17(月) 07:23 | URL | satofamily #4Ba.rHU.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sato family

Author:sato family
名前:sato family
4世代、8人国際家族と犬一匹
長野県出身の東京都在住
宣教師

著書:『心を甦(い)かして』(文芸社)
  『成功と幸福を呼ぶ不思議な言葉集』
 

地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

アナログ時計
素晴らしい時間となりますように…
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ村ブログランキング
クリックでランクを確認できます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2ブログランキングは            カテゴリ学問・芸術・文化→小説・詩
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クラシック演奏会
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。