4世代8人国際家族の文鮮明、韓鶴子夫妻に学ぶエッセイ                                      文鮮明師御夫妻のみ言と生きざまに学ぶエッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカで遭遇した恐怖体験 ~後編~

(前篇からの続き)
マンハッタンをあちこち回りながら、足を棒にしてやっと探し当てたホテル。
停電してから3時間がたっていました。
しかし、そこも恐ろしい光景になっていたのです。

ホテルのロビーも真っ暗で、沢山の人が床にごろごろと横になっていました。
このホテルのロビーに泊まり込む気配でした。
エレベーターが止まっていたので真っ暗な内部階段を歩いて上るしかありません。
「上の階に行きたい方はいませんか?」と誰かが叫んでいました。
エレベーター前に上に行きたい5,6人の人が集まって来ました。
ホテルの従業員が懐中電灯を頼りに、私は二十数階の目的の部屋まで同行してもらいました。
部屋のドアをノックしました。
ドアが開き部屋の明かりが漏れた時、本当に私は「助かった!」という思いがしました。

ニューヨーク全体がパニックであったために、突然の訪問客にびっくりした様子もなく
私を喜んで迎い入れてくれました。
Yさんの家族はご主人や子供たちはすでに帰宅しみんな無事でした。

部屋の真ん中に一本の太いローソクが灯っていました。
こんな一本のローソクがこんなにも部屋いっぱいを明るく照らして、なんとありがたいことだろう!

水道が止まっているのでトイレも水が流れない
お皿一枚も洗えない、調理器具も使えない、何もできない。
電気がないってことはこんなに不便なものかと、
普段当り前の生活をしていることがどれほど感謝であろうかと思いました。

あるだけの水と食料を彼女はテーブルに並べ、
洗わなくて済むようにラップで覆ったお皿に少しずつ取り分けてみんなで食べました。
ご主人は、携帯ラジオを抱えてラジオから流れる情報をじっと聞いていました。

ツインビルのテロ事件の恐怖がよみがえって、もしかしたらまたテロではないかと誰もが考えました。
ニューヨークの正しい情報が分からないので、私は携帯電話から日本の自宅に電話しました。
『全米が停電、原因不明、回復はいつになるかわからない』というニュースが流れていると言いながら主人が盛んに心配していました。

ニューヨーカーホテルの窓から見えるエンパイヤーステートビルは不気味な姿で黒くそびえ建ち、夜空には一つの星さえ見えない。
いつもならダイヤを散りばめたような美しい夜景のニューヨークは一点の光もない暗黒街となりました。
道路には、たくさんの人がゴロゴロ寝て、異様な姿です。

「生まれてから過去にこんなことはなかったよ」と、Yさんの御主人が心配顔で言いました。

開け放たれた窓の外では、朝までけたたましくパトカーと消防車が往来し、私は一睡もできませんでした。

「何とかして帰らなければ」何度も窓から下を覗き込むと、朝明けの中をバスが動き始めているように見えました。
一泊させていただいたお礼もそこそこに、私はホテルの階段を一気に駆け下りました。
ダウンタウンに向かうバスであれば、何でもかまわないとバスに飛び乗ったのです。

ハーレムにある教会にたどり着くと、なんとそこは電気が点いていました。

「少し前に電気が点いたのよ」と言いながら、私の無事な姿に安心したようでした。
マンハッタンに行った私だけが帰らず、みんな心配していたのでした。
ほかの地域に行って活動していた人たちは、電車の線路上を何時間も歩いて、その日に帰ったそうです。

ニューヨーク、政治経済、文化や芸術の中心である
華やかで堅固で何も恐れる物はない巨大な都市
しかし、この日一番便利と思われる場所が一番不便になったのです。

マンハッタン4 マンハッタン

最後まで読んでくださってありがとうございます!
よろしかったら応援クリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
心臓に毛
なかなか考えさせられる投稿ですね。
師匠はやはりいろいろ経験されていらっしゃるのですね。
師匠の人生に祝福を!
そして心臓に毛が生えた人生から私にも毛をわけてほしいです。
2009/07/30(木) 23:27 | URL | 応援鯛 #-[ 編集]
応援鯛さんへ
コメントありがとうございます!

どんな環境を与えられてもなんとか生きていくのが人間なのでしょうね。
生かされているという実感でしょうか。

環境の恐ろしさより、人から裏切られたというような事の方が
恐ろしいことだと思うことがあります。
2009/07/31(金) 00:03 | URL | satofamily #4Ba.rHU.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sato family

Author:sato family
名前:sato family
4世代、8人国際家族と犬一匹
長野県出身の東京都在住
宣教師

著書:『心を甦(い)かして』(文芸社)
  『成功と幸福を呼ぶ不思議な言葉集』
 

地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

アナログ時計
素晴らしい時間となりますように…
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ村ブログランキング
クリックでランクを確認できます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2ブログランキングは            カテゴリ学問・芸術・文化→小説・詩
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クラシック演奏会
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。