4世代8人国際家族の文鮮明、韓鶴子夫妻に学ぶエッセイ                                      文鮮明師御夫妻のみ言と生きざまに学ぶエッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊界への旅立ち

天国への階段


義母を世話してきた義姉が喪服を買う夢を見た
「お母さんの霊界への出発が近づいたかもしれない」
私は主人に伝えた

それから3日後の3月1日朝、義母は91歳で他界した

私達家族が母の元に駆けつけたとき
すでに母には化粧も施され
美しい着物に着替えて、静かに眠っていた

映画でも知られた「おくりびと」が、母を美しい姿にしてくださったらしい

両親は信州に生まれ育ち
二人の苦労が息子3人、孫6人、ひ孫14人の幸せな形になった
91年の生涯をただひたすら子孫の幸せと健康を祈ってきた
末っ子の主人が人一倍可愛がられた
だから私も「可愛い嫁」でいられた

通夜の夜、不思議なことに
私と主人と父の3人だけが母と最後の夜を共にした
母といられる水入らずの最後の時間
線香の灯を絶やさないように母の傍らで
93歳で一人になってしまった父を慰労しながら
明け方まで3人で話した

父は母との思い出を泣いたり笑ったりしながら語った
「写真だけ見せられて結婚を決めたんだよ」
「我慢強い女だったよ、だから二人で頑張って来れたよ」
「本当によく頑張ってきたなぁ」
「最後の最後に、ひ孫を抱かせてあげたかったよ」

「これから自分は一人で頑張っていくよ。だから心配しなくていいよ」
「まだまだ長生きするよ」

夜が明けようとする時間、私は母と会話した
「立派な主人を産んでくださってありがとう」
「何にも出来ない嫁だったけど、可愛がって下さってありがとう」
「いつも理解し、許してくださってありがとう」
「私達家族の幸せは、みんなお母さんの苦労のおかげよ」
「お母さん、本当に長いことありがとう」

母のお棺を抱くと、感謝の涙がポトポトと落ちた
そんな私の身体を母は抱きしめて微笑んでいるようだった




きょうも最後まで読んでくださってありがとうございます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sato family

Author:sato family
名前:sato family
4世代、8人国際家族と犬一匹
長野県出身の東京都在住
宣教師

著書:『心を甦(い)かして』(文芸社)
  『成功と幸福を呼ぶ不思議な言葉集』
 

地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

アナログ時計
素晴らしい時間となりますように…
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ村ブログランキング
クリックでランクを確認できます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2ブログランキングは            カテゴリ学問・芸術・文化→小説・詩
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クラシック演奏会
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。