4世代8人国際家族の文鮮明、韓鶴子夫妻に学ぶエッセイ                                      文鮮明師御夫妻のみ言と生きざまに学ぶエッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曾祖父の願い

   ウユニ塩湖
                                一度行ってみたいな“ウユニ塩湖”

最近の主人と娘の会話を紹介しましょう。
すみません!少し長くて…。

<父>
  きょうはお父さんのお祖父ちゃんの話をしようかな。
  お前の曾祖父に当たる人だよ。

  お祖父ちゃんは明治13年に生まれ
  昭和32年に78歳で亡くなりました。
  明治、昭和の貧しい時代に長野で農業をしながら
  篤実なクリスチャンだったそうだよ。
<娘>
  「篤実」って真面目ってこと?
  明治の頃、貧しい田舎でクリスチャンだったなんてすごいね!
<父>
  お祖父ちゃんのことを、お父さんはあまり知らなかったよ。
  お父さんもその頃はまだ小さかったからね。
  
  20年前、先祖供養のために家計図を作った事がきっかけで
  昔の地方誌からお祖父ちゃんの立派な業績を知ることになったんだよ。
  ほらここに書いてあるだろう。
  『彼はキリスト教伝道館に属し、昭和恐慌克服の創意を持って
  畜産において先駆的役割をしました』

  昭和初期、農乳で貧しい農民を貧困から救う手助けをしたんだよ。
  今でもそのかすかな名残が田舎の近くに
  牧場や明治乳業の工場として残っているだろう。
<娘>
  凄いことしたんだねぇ~
  立派な方だったんだね。
<父>
  お祖父ちゃんは東京から宣教師を招いて伝道や奉仕活動したらしいよ
  驚いたことに、その当時、海外宣教にも行ったようだよ。
  その活動は当時の人達に『新しい文化と精神の覚醒を与えた』と書いてあるよ。
<娘>
  へ~! ひいお祖父ちゃんも海外宣教したの?
  私と同じことしてたんだね、驚きだね!
<父>
  人の人生というものは偶然と言うものはないんだよ。
  誰も先祖と深い関係を持っているからね。
  我知らず先祖と同じような人生を歩むこともあるんだよ。
<娘>
  私達家族が信仰を持ったことや
  お母さんと私達が海外宣教にも出たことも
  ひいお祖父ちゃんと関係あるってことでしょう?
<父>
  そうだね。
  お母さんの実家はお坊さんの家系で
  お母さんは、今まで神道やキリスト教などいろんな宗教をかじったらしいね
  そして、最後にお父さんとお母さんが行き着いたところが
  「世界基督教統一神霊協会」だったというわけだよ。
<娘>
  なるほどねぇ~
  人種や宗教の壁がない、超宗派だったから受け入れることができたんでしょ?
  教えも凄いけど、平和を具体的に実現していく文鮮明先生は凄い人格者だもの…
  いろいろ誤解もされてきたけれど、たくさんの人が真実を知るようになって嬉しいね。
  
  私も文先生に出会わなかったら、私の人生はどうなっていたかな?
  たぶん外国人の夫と祝福(結婚)はしなかったと思うよ。
  本当に真のご父母様(文先生ご夫妻)に感謝だね。
  文先生に会わせてくれたお父さんとお母さんにもね…(笑)
<父>
  お父さんとお母さんの両親や叔母さん伯父さん達や
  親戚の人達もたくさん祝福を受けて
  みんな家庭が変わってきて嬉しいよ。
  最初、理解してもらうのは大変だったけどね。(笑)
<娘>
  誰でも理解するまでには時間がかかるんだね。
  先祖に功労がある人って、何だか理解しやすい感じがしたよ。
  ところで、お父さんの言いたいことって何?
<父>
  水を飲んで乳を出す乳牛のごとく「世の為、人の為に生きなさい!」
  90歳になった文鮮明先生が今もなお、身を持って教えているから
  この教えは我が家の大事な家訓にしたんだよ
  愛のいっぱいあふれる家庭を作って!
  人種、文化、国家の壁を越えた「人類一家族世界の実現」を目指そう!
  これは、神様とご先祖さんの切なる願いでもあるからね。
<娘>
  要するにお父さんの言いたいことは
  立派なご先祖様の功労の上に立って
  危なげながらも、ご先祖のやり残しを
  私達が成し遂げる使命があるってことでしょう?
<父>
  ホ~、ずいぶん難しい言い方だね。
  簡単に言えば『幸せな立派な家庭を作ってください』ってことかな。
<娘>
  フゥ~
  心配しないで!
  お父さん達より、私達夫婦の方が増しな夫婦だと思っているけど…(笑)
<父>
  ・・・・・
  





きょうも最後まで読んでくださってありがとうございます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ



スポンサーサイト

アメリカ、アイオワ州、デモイン。
この小さな町が私の宣教任地国。
可愛いおもちゃの家を並べたような美しいところである。
あまり広くないアスファルトの壊れかかった道路を、
車がコトコトと走っている。
私の住んでいる東京と比べたら、この街は時間が止まっているような、
のどかで静かな美しい町。

町の中心からバスに乗って20分
私達が生活する教会がある。
緑のベールを引きつめたような丘の上に建っている。
小さな階段をトントンと登って行くと可愛いい入口のドアがある。
一階建の小さな建物であるが地下室あって、地下室にはキッチンがある。
一階に礼拝堂があって、小さな小窓からは、そよそよと風が入ってくる。

朝、5時から6時まで礼拝堂にて朝の祈りと訓読で一日が始まる。
自分たちで作ったサラダとパンと牛乳が朝食である。
9時にはスーツに着替え、ちょっとおしゃれをして出かける準備をする。
現地の教会員が車を出してくれることもあるが、ほとんどはバスに乗って行く。
目的地は現地の教会。地図を開いて目的地を決める。
カトリック、プロテスタント、仏教系、イスラム教・・・、白人系、黒人系・・・、さまざまな教会を訪問していく。

片言の英語で牧師さんと話をする。文鮮明師のみ言を伝える。
アメリカの教会においても悩みがある。
通ってくる人は昔と違って老人ばかり、若い人が少ない…これが牧師の悩みの一つだ。
そしてもう一つは、家庭崩壊。
この問題をどのようにしたら解決することができるか悩んでいる。
だから、私達の伝える文鮮明師のみ言に興味関心を持ってくれる。

バスを乗り継いで夕方まで1日に数件の教会を訪問する。
バスがないところは歩いて行く。足が棒のようになって痛い。

ある日私は、ものすごく疲れて体調がすぐれなかった。
「もう日本に帰りたい!子供たちや夫はどうしているだろうか?」

礼拝堂で祈りを捧げるためにふらふらと地下室の階段を上って行った。
階段を昇る途中、私の目に不思議な光がはいってきた。

小窓のレースのカーテン越しに、チカチカと光り輝くもの

何だろう?
カーテンを開けて見た。  ani-hotaru.gif

何と無数のホタル!!

チカチカと沢山のホタルが飛び交っていた。
こんなにたくさんの蛍を見たことがない。
何と美しい光景だろう!

子供のころ、家の周りの田んぼで蛍を探し、
虫かごに入れて夜が更けるまで眺めていたことがあった。

その蛍とは比べ物にならないほどの、たくさんの蛍
窓の外は懐かしい昔の匂いのする田園風景に変わり
その場所だけが幼い私がいた懐かしいところ

今でも、アイオワ州デモインを思い出すたびに
まず、目に浮かぶのは宣教中に出会った牧師達と
あの日に出会った蛍の美しい光景である。

[

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
↑↑↑
最後まで読んでくださってありがとうございます!
よろしかったら応援クリックをお願いします。


信教の自由を求める集会に行ってきました。

「信仰の自由を求める祈りの集会」に行ってきました。
昨日は久しぶりに梅雨の晴れ間の暑い太陽が顔を出しました。

会場の日比谷公園大音楽堂には、たくさんの人たちが集まっていました。
プログラムの中で世界宗教の祈りでは5大宗教、ヒンズー教,仏教、   イスラーム、ユダヤ教、キリスト教の代表者がそれぞれの言葉で平和の祈りを捧げました。

最後に「神様は人類の父母」というRev.ムーンの平和の
メッセージが朗読されました。

宗教の自由は保障された日本ではあるけれど、
宗教の自由はすべての人に与えられた
基本権という認識がどれほどあるでしょうか。

ちなみに、世界基督教統一神霊協会においては、
今日まで一部のキリスト教牧師と、職業的暴力改宗グループによって,
過去40年間にわたって4000名を超える信者が拉致監禁されているそうです。
今もなお、その悲劇は継続しているそうです。

「宗教を信じる自由よりも、信じない自由が優先されていないでしょうか?」
という主催者の挨拶が心に残りました。

梅雨の晴れ間に垣間見た、悲しい現状にしばしの祈りを捧げてまいりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでくださってありがとうございます!
応援クリックをしていただけると嬉しいです。
 
   ↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

プロフィール

sato family

Author:sato family
名前:sato family
4世代、8人国際家族と犬一匹
長野県出身の東京都在住
宣教師

著書:『心を甦(い)かして』(文芸社)
  『成功と幸福を呼ぶ不思議な言葉集』
 

地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

アナログ時計
素晴らしい時間となりますように…
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ村ブログランキング
クリックでランクを確認できます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2ブログランキングは            カテゴリ学問・芸術・文化→小説・詩
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クラシック演奏会
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。