4世代8人国際家族の文鮮明、韓鶴子夫妻に学ぶエッセイ                                      文鮮明師御夫妻のみ言と生きざまに学ぶエッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目の前を通り過ぎる人






「いや~奥さん! こんな風に見送ってもらったら、ご主人はさぞかし仕事頑張ちゃうでしょうねぇ~」
と見知らぬおじいちゃんが話しかけてきた。

家の玄関先で、主人の出勤を見送っていた時である。

毎日、主人の出勤を主人の姿が見えなくなるまで、私は手を振って見送る。

主人も、必ず2回振り返って私に手を振って行く。

こんな習慣は、結婚した頃から32年も続けて来た。

家を留守にした時と、熱がある時以外は必ずしてあげようと、変なこだわりがある。

「出勤するその時の主人の後ろ姿が最後でした・・・、しっかりさよならしておけば良かった」
なんて言うことになってしまって、後悔しないようにね。(笑)

(話がそれました・・・)

その先ほどの老人が、続けて私に言った。

「私はあなたのことよく知っていますよ」と言う。

私は一瞬 “ギョッ”とした。

(私の何をこの方は知っているというのか?)

私は 「えっ?!」と言って、次に続く言葉が見つからない。

老人は言った「優しいご婦人がいたもんだと関心してたんですよ」と

彼の話によれば、バス停の時刻表が暗くて見えず困っていたら、私が懐中電灯を照らしてくれたと言う。

そう言われてみれば、確かそんなことがあった。

                

私の家の斜め前にはバス停がある。

真冬の夕方そろそろ暗くなるころ、一人の老人がバス停でゴソゴソ何かしている。

「どうかしましたか?」と声をかけてみた。

「時刻表が見えないんですよ・・・。今度のバスは何時ですか?」と言った。

どれどれと私も時刻表を覗き込む、しかしあたりはうす暗くて私の目にも見えない。

「ちょっと待って下さい! 明かり持ってきますから・・・」と言って、私は家に飛び込んだ。

懐中電灯を照らすと、バスはちょうど2,3分で来る。

バスが来るのを、おしゃべりしながらしばらく待った。

私は誰も乗っていないバスの中に消えていく老人に手を振った。

老人は「すみません・・・。ありがとう・・・・」を繰り返し、何度も何度も頭を下げた。

                

「そうでしたね、そんな事がありました。今思い出しました!」と言うと、老人は言った。

「毎朝、ご主人を見送って偉いですな~」と

どうも彼の散歩の時間と主人の出勤の時間が同じらしい。

ほとんど周りに気を使わない私の姿を、この老人はしっかり見ていたのだ!

次の日、私は急に恥ずかしくなって、周りを気にしながら主人に手を振った。

それからは、しっかりこの老人の姿が目に入るようになった。

時々会うと「おはようございます」と彼は丁寧に挨拶しながら、
私の家の前をゆっくりゆっくり通り過ぎて行く。

会えないと 「どこか体でも悪くなったかな・・・」と気になってしまう。

今朝、彼はいつものように元気に挨拶して私の目の前を通り過ぎて行った。


*****************************************

太陽の丘えんがる公園


最後まで読んでくださってありがとうございます!
応援クリックをしていただけると嬉しいです。
 
   ↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

笑顔忘れないで

「明朗は心の中に日光を照らし続け、
そして心を絶え間なく静けさで満たします」  


心の美しい人は笑顔も美しいと言います。

汚れない赤ちゃんの笑顔や、お年を召し、たとえしわだらけの顔であっても、
心にシワのない老人の笑顔もまた、美しいものですね?

ある会社で受付の女性を変えたら、ちょっとした変化が起こったという話を聞きました。
その彼女は笑顔も美しく挨拶がとても上手な人であったそうです。
忙しく会社に出勤して来る一人ひとりに笑顔で挨拶していました。
(素晴らしいですね~)

はじめは無言で入ってくる人もしだいに挨拶を交わすようになり、
多くの人が毎朝彼女と笑顔で挨拶するようになると、
会社の雰囲気までが変わったそうです。
(ほ~すごい!!笑顔にはすごい力がありますね!)


長野県の美しい山に囲まれた高原で
七十年以上生きてきた私の母(80歳)は、
父が亡くなって一人ぼっちになってから、離れがたい長野を離れ
私たち家族と同居になりました。(もう10年なりました)

そんな母もまた挨拶が上手で、戸外ですれ違う見知らぬ人にも挨拶するのです。
長年身についた習慣は、都会に来ても変わりません。

毎日、朝夕二回の愛犬の散歩が日課になっている母が
一週間ほど長野の田舎に帰っているあいだ
私が母の代わりに犬の散歩に出ました。
すると、同じように犬を連れてすれ違う見知らぬ人が次々に挨拶してきました。

我が家の愛犬の名前を呼びながら
「お祖母ちゃんは?きょうはどうしたんですか?」と何人も話しかけてきました。
(お母さんは、こうやってご近所の人たちと仲良しになっていたのね)

それから、母が散歩中に転んで怪我をした日、
母を病院に連れて行ってくださったり
数人の婦人が次々にお見舞いに来てくださいました。
(ご近所の人たちにもお世話になっていました)

「東京は冷たいところだね」と時々言っていた母は
いつの間にか沢山のお友達を作っていました。

見知らぬ人にまで笑顔で挨拶する母の姿に
私は、ちょっと恥ずかしさを感じていましたが
その様な母を私はちょっと羨ましいし、素晴らしいと思います。

ko-yotto.gif


最後まで読んでくださってありがとうございます!
よろしかったら応援クリックをお願いします。
 
   ↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

笑顔忘れないで!

最近読んだ本に笑顔の効用が書いてありました。
動物と人間の違いは「微笑む」ことだそうです。
そういえば人間に一番近い猿が笑うところ
見たことないですねえ。
人間は生理的に暗いものを嫌悪し、
明るいものを好みます。
微笑みは人の心を開く万国共通の鍵です。

一人では生きていけない赤ちゃんの
天真爛漫な笑顔は人を引きつけ、
放っておけないようにした神様の配慮です。(神様ってすごい! )

ビジネスにおいても明るい笑顔は、お客様を引きつける招待状ですね。

朝みんなが明るい元気な挨拶を交わし、
「ありがとう!」「お疲れ様!」という、
感謝の笑顔が飛び交う職場や家庭を作りたいですね。

明るく元気な挨拶で相手の心を開き、
明るい返事で自分の心を開きます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただいてありがとうございます!
よろしければ応援クリックお願いします

     
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
プロフィール

sato family

Author:sato family
名前:sato family
4世代、8人国際家族と犬一匹
長野県出身の東京都在住
宣教師

著書:『心を甦(い)かして』(文芸社)
  『成功と幸福を呼ぶ不思議な言葉集』
 

地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

アナログ時計
素晴らしい時間となりますように…
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ村ブログランキング
クリックでランクを確認できます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2ブログランキングは            カテゴリ学問・芸術・文化→小説・詩
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クラシック演奏会
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。