4世代8人国際家族の文鮮明、韓鶴子夫妻に学ぶエッセイ                                      文鮮明師御夫妻のみ言と生きざまに学ぶエッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心を活かす




毎日使う3階建の大きな駐輪場
駅に隣接している

電車の時間に合わせ
急いで駐輪場に駆け込む

ブルーの制服とおそろいの帽子
男性シルバーの管理員さん達

「おはようございま~す」
「おはようございます!」と
必ず声をかけてくださる

自転車を駐輪して
急ぎ足で駐輪場を出ようとすれば
「はい! 行ってらしゃい!」

夕方の帰宅時間
疲れた体に両手の買い物袋
重い足取りで駐輪場に入れば
「はい!お帰りなさい!」
突然声をかけられる

2000台を駐輪しているビックな駐輪場
電車の始発から終電まで
たくさんの人が出入りする

「行ってらしゃい」で見送られ
「お帰りなさい」で迎えられる

掛けられた一言が暖かく
美しい余韻が人の心を活かしている

こんな素敵な駐輪場が私の町にはある




きょうも最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
あなたに限りない幸せがありますように・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
  
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ








スポンサーサイト

優しい手




20年も昔に治療した歯が傷み始め
私は痛みに耐えきれずに
不安を抱えて開業したばかりの
デンタルクリニックに飛び込んだ

どうやら被せてあった歯が中で化膿しているらしい
「被せてある銀歯を外し、早く痛みをとりましょう」
女医さんの言葉は私には福音

20年間しっかり被っていた銀歯
時間をかけやっと外れた
「すごい魔法の手!」
女医さんの暖かい手をそう思った

続けてガリガリ! ギリギリ!
すごく痛いけど我慢、我慢
痛みから解放されるための“痛み”
先生にすべてを任せたのだから…

初診で1時間半もかかった
「スピーディ‐に終わらせましょうね」と
その次からも毎回治療時間は1時間
おかげで初診から2カ月
今では痛みもすっかり消え
ぐらついていた歯がしっかりした
先日、新しい白い歯を被せて
見事に新しい歯に生まれ変わった

私の口を覗き込んだ娘が言った
「綺麗~!いいね」

治療を受けながらいつも感動する
医学の進歩もすごいけれど
若くて美人で優しいこの先生もすごい名医!

人は感覚でいろんなものを感じ取れる
治療する時、いつも目隠しをして治療する
誰がどんな治療しているのか
まったく見えないけれど
しかし、口に触れた瞬間にわかる

その先生は、私の口に手を入れる時
「失礼します」と言う
手が暖かくて優しい
患者を大事にしている
心の優しさが伝わってくる

時々治療中に
いきなりグイッと私の口を開け
とても乱暴な手の冷たい人もいた
その手は他の人だった

昨日、娘が私に言った
「私もその先生に来週予約とれたよ」




きょうも最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
あなたに限りない幸せがありますように・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
  
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ









義父が家出

もう秋です

8月の暑い日
信州に住んでいる94歳の義父が家出をしてしまった
突然の出来事に何かの間違いでは…と

家族と喧嘩して
「東京に行きたい」と告げたという
つまり東京の私達の家に行きたいと…

驚いた周の人達が父を何とか止めた
しかし、義父はどこかに消えてしまった
警察にも連絡した

まだ足腰もしっかりして
畑仕事もできる頼もしい義父
本当に東京に向かっているのか…
私達はすぐにでも長野に跳んで父に会いたかった
しかし、父が上京して来るかもしれない…

早朝に家を出た父は夕方になっても帰らない

夜遅く、同居の兄に電話があった
不信に思った老人ホームからだった
父が訪ねて来て「ここに入れてほしい」と…
ホームでは介護の必要のない父を断っていた

親戚からも電話があり
「東京に行く、もう会えないから挨拶に来た」
義父の深刻な様子に心配してきた

その日父は一日中、友人や親戚に挨拶回りをしていたらしい
家に帰りたくないと言う父を親戚が泊めてくれた

義父は半年前に最愛の妻を亡くした
寝たきりの母のオムツの交換や
身の回りの世話を何年もしながら
「こいつは本当に頑張りやだよ」父の口癖だった
母を本当に愛していた

最愛の妻を失って
心の支えをなくしてしまった父


父が本当に同居を望むなら
そうしてあげよう

父の笑顔が戻るように
私達のできる精一杯をしてあげよう
私達はそう決断した

「今まで何もしてあげられなくてごめんなさい
  これから一緒に住もうね。心配しないで…」

私は、こんな手紙を書いた

父は、私からの手紙が嬉しくて嬉しくて
親戚に手紙を見せて回った

父から後日、たった3行の短い手紙が届いた

「ありがとう
  本当に嬉しいよ
   お盆に会って相談しよう」


母の新盆の三日間
私達は義父の元に帰って
今までできなかった嫁の務めをしながら
何年間も積もり積もった父の話を三日間聞いた

ひ孫をあやしていた父がポツリと言った
「畑の野菜が心配だから東京には行けないよ。
 こうやって時々みんなで遊びに来てくれるだけでいい」


それ以来私達は
月に2度、義父に会いに行き
3日毎に手紙や葉書を出すこととなった








きょうも最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

ほのぼのとした温かい話



人は運がいいとか悪いとかよく言います。
“運がいいとは人との出会いがいい”ことを言うそうです。

どんな人に出会うかで
人生が大きく変わってしまうこともあります。

また私がどのような出会いをするかで
人にどのような影響を与えているか
考えてみなければなりません。

前回に森山操先生のプロフィールの中から
感動的なお話を紹介しましたが

きょうは、「人との出会い」について
森山先生の中学生時代の
ほのぼのとした温かいお話を紹介します。

         

我が家の窮乏を目の前にして
中学生になった私は
納豆売りやしじみ売りのアルバイトを始めました。

そんな時、中学校の担任だった先生が
売れ残った納豆を全部買ってくました

私が売っていたものは、一個五円位だったと思います。
当時の教師の給料はそんなに余裕はありません。

朝食夕食も納豆を食べていらしゃるようでしたが
それでも余ると、お昼のお弁当のおかずも全部納豆でした。

後になって、先生は私にこう言いました。

「操(みさお)さんの担任をしている間
   先生は納豆を食べない日はなかった。
     そのおかげで先生もねばり強くなったよ」


本当によい先生と巡り会えたと感謝しています。


       参考:森山操先生のホームページ 『心が人生を変える』より





きょうも最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
足跡を残してくださった方には、こちらからも訪問させてください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

二本の記念樹

10113385456.jpg


私の家には二本の記念樹がある
一本は家の庭に、もう一本は家の塀に隣接した公園にある
いずれも娘達が小学校に入学した記念の桜の木である

塀の中の庭の桜は八重桜、長女の記念樹
公園にあるソメイヨシノは二女の記念樹である

娘の身丈もなかった二本の桜の木は24年を経て、大木になった

この二本の桜を見るたびに
娘達のそれぞれの人生の形に似ている

塀の中の八重桜
あまり枝を伸ばすこともなくおとなしく咲いている
桜の季節も終わりの頃に、遅ればせながら楽しませてくれる
虫に食われることもなく、濃いピンク色の花を付ける
5分咲きの花は塩漬にして、お饅頭の頭の飾りや桜餅に使う


桜の木は大きくなるので家の近くに植えてはダメと聞いて
二女のソメイヨシノは隣接した公園に植えた

公園の半分を埋め尽くすほどの大木になった
道路や家の敷地の方まで迷惑も知らずにのびのびと枝を伸ばした
虫が発生すると市の公園課の職員がやってきて
枝を払い、消毒をする
心配掛けて助けてもらいながらのびのびと大きくなった

花は薄いピンク色、見事に咲いて、桜吹雪にして散る
春にはたくさんの人の目を喜ばせ
夏はバスを待つ人にも涼しい木陰を作る


どちらの桜がいいとは言えない
どちらも、それなりの特徴と素晴らしさを持っている
娘達の生き方に似ていて
桜の木を見て、一人で笑ってしまう

今の季節、二本の木は紅葉した葉っぱをハラハラと落とし
落ち葉のジュータンになる

私は毎朝、落ち葉のお掃除
かき集めた落ち葉が山になる
「もう大変だねぇ」と言いたくなるけど
娘達が植えた大事な記念樹・・・




きょうも最後まで読んでくださってありがとうございます! 
   
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
プロフィール

sato family

Author:sato family
名前:sato family
4世代、8人国際家族と犬一匹
長野県出身の東京都在住
宣教師

著書:『心を甦(い)かして』(文芸社)
  『成功と幸福を呼ぶ不思議な言葉集』
 

地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

アナログ時計
素晴らしい時間となりますように…
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ村ブログランキング
クリックでランクを確認できます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2ブログランキングは            カテゴリ学問・芸術・文化→小説・詩
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クラシック演奏会
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。