4世代8人国際家族の文鮮明、韓鶴子夫妻に学ぶエッセイ                                      文鮮明師御夫妻のみ言と生きざまに学ぶエッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう欠乏症?

   



ありがとう欠乏症 じゃない?
友人がそんなことを言った

最近疲れることばかり…
なんとなく身体が重い…
家の中も仕事も大変…
愚痴や不平不満が多くなった…
ストレスかな?

そんな自覚症状があったら要注意!
“ありがとう欠乏症”かもしれない

人は誰でも
感謝されたいもの
人の為になりたくて生きてる

疲れて帰る夫に
「ありがとう!」「お疲れ様!」 って言ってみよう

笑顔を振りまいてくれる子供たちにも
「ありがとう!」

ほほをなでる風や温かい日の光
道端の小さな花たちや虫たちにも
「ありがとう!」って言ってごらん

当たり前のことや
どんなことにも
「ありがとう!」と感謝


すごい処方箋
“ありがとうの薬”と“ビタミン愛”

自分が元気になるだけじゃない
相手も元気になるんです






きょうも最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
あなたに限りない幸せがありますように・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
  
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

スポンサーサイト

祈り

日の出


髪が白くなっても

夢と希望を失わない人でいたい


このうえない真心を持って奉仕し

心明るく喜びの中に生きよう


人生は心が作り出すものであるがゆえに

純真な心と行動が一体となれば

悩みと苦痛から解放されるにちがいない



短くも長く生きるも

今の瞬間瞬間を

感謝と喜びで生きよう


自らが幸せでなくて

誰を幸せにできよう



                    蓼科にて 2010.9.5



きょうも最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

こんな私がお役に立つ?

美味しそうでしょ!

「あの~お忙しいお思いますけど…
       ケーキ作って頂けますか?」


大事なイベントに使うとのこと
40人がバイキングでそれなりに食べれる大きさで…
明後日のお昼に使いたいと

う~~ん 
真夏のケーキ…
以前、真夏に作ったケーキが
車で運搬中に崩れてしまった
嫌な経験を思い出して
なかなかOKって言えない

「4個か5個、是非お願いします!」

え~~冗談でしょ!!
私、ケーキ屋さんじゃないんです!
家庭用のオープンで焼くんですから…

前日までに作らなければならないとするなら
今から急いで材料の買い出しと
今夜にはスポンジを5台焼かなければならないことになる
ワ~~また今夜、徹夜…

ブログを書いて朝になってしまうこと度々
顔のシワがまた1本増える原因になる
だから徹夜はしたくな~い

それに5個のケーキどうやって運ぶの…

こんなことをしばらくの間悩んでいたら
「あなたの作るケーキは市販のケーキより美味しいって
     皆さん言ってますよ~


お世辞にもそんな風に上手に褒められたら
嫌と言えない
簡単に乗せられてしまう私

「わかりました!」ってOKしてしまいました

相手の喜ぶ顔が見たいし
40人に美味しいって言わせたい
こんな私が人のお役にたつチャンス


何でも必死になればいろんな知恵を頂けるものです
  ケーキは1個
  暑さに負けない崩れない
  季節の果物が盛りだくさん
  価格もサイズも高くなく
  ただし、生クリーム、果物、卵、香料にはこだわる
ケーキの構想が出来上がり

    そして素晴らしいケーキができました!
   素晴らしいケーキの出来上がり
     調理用バット(横50㎝×縦30㎝×深さ10㎝)に
10種類のフルーツと生クリームとスポンジの7重積み重ねフルーツケーキ


         
       果物に艶を出すためにゼラチン液を塗って出来上がり!

こんなに大きなケーキを作ったのは初めて
それに思っていたより楽しくできました

「皆さんいかがですか? ケーキは手作りです」
当日、司会の方が紹介して下さいました

すると、皆さんは
「おお~~~」
  「ワ~~すごい~~」
    「美味しい~~」
何と感動的な素晴らしいお客さん達でしょう!

難しいことにも感謝して挑戦してみる
そうすればもっと大きな感動を与えて下さる神様がいらっしゃいます
「神様、こんな素晴らしいケーキを
             ありがとうございます!」





 きょうも最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
足跡を残してくださった方には、こちらからも訪問させてください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ



喜ぶ顔が見たくて



昨日、運転免許証の更新に行ってきました。

今回は駐車違反を一回していたので
“優良運転者”になれず
“一般”になってしまいました。

あの駐車違反さえしなかったら…
 
        

4年前の5月10日
主人の母(今年3月に92歳で他界)が上京した時のことです。
日ごろ親孝行してあげられない私は
こんな時は精一杯、母に尽くそうと背伸びしました。

喜ぶ母の顔が見たくて
「お母さん! きょうは美容院に行きましょう!」
母は足腰が悪く日頃はあまり外出できません。

「いいわよ、大変だから…」
「大丈夫! 車で送って行きますから…」

行き付けの美容院まで母を車に乗せ送って行きました。
受付を済ませ、母が綺麗に仕上がる時間に
母を迎えに来るつもりで私は店を出ました。

ところが、駐車しておいた車がありません。
「あれ? 車がない…」
ほんのわずかな時間に車が消えてしまったのです。

私は近くの交番に急いで駆け込みました。
「車がありません! 盗難されました!」
「何処に止めたの?」
「車に鍵はかけましたか?」

「かけたと思うんですが、はっきり覚えていません」
「どのくらい駐車してましたか?」
「5分くらいです」

交番のお巡りさんからいろいろ状況を聞かれました。
そして電話であちこち問い合わせているようでしたが
この時点ではまだ
駐車違反やレッカー移動は確認されなかったようです。

「たった5分ですから、レッカー移動じゃなくて盗難では?」
「いいえ、今は厳しくて5分でも駐車違反になりますからね~」 
 あの場所は、すぐにレッカーされる場所ですよ」

そうこうしているうちにお巡りさんが
「車ありましたよ~」
「やっぱり駐車違反でしたよ! ○○警察にレッカーされました」
(え~~~信じられない! ひど~~~い!)

私はしかたなく電車に乗って警察に車を取りに行きました。

「たった5分駐車しただけなんですが…」
悔しくてダメ押しの一言を私は言いました。

「5分でも違反は違反ですよ」
警察官は毅然とした態度で顔を横に振りました。

私は駐車違反金(2万数千円だったかな?)の
振り込み用紙と車の鍵を受け取りました。

母の綺麗な髪と嬉しそうな顔を見た私は
“駐車違反した”なんて母に言えませんでした。

お母さんも綺麗になって喜んでくださったので
超最高級の美容代金を払ったと思えば
安いものです。

そう思ったら心が軽くなりました。






きょうも最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
足跡を残してくださった方には、こちらからも訪問させてください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

暗いと不平を言わないで

福寿草

それこそ昔、体験した話です
職場の友人達と、市が主催する「47キロ強歩大会」に出場した。

山梨県韮崎小学校を夜9時に出発し、清里、野辺山高原を山越えし
長野県佐久市役所に戻る47キロのコースであった。
夜は車の往来も少なく、市街を歩くときは街頭の明かりがありがたい。

やがて韮崎峠に差し掛かると夜道は真っ暗になる。
一緒にスタートした友人も、次第に距離が離れ
誰もいない山道を一人で歩くこととなった。

後ろから明かりを持った見知らぬ男性が近づいてきた
ぴったり私の横に並んで言った
「暗いから一緒に行きましょう!」

彼はエスコートのつもりか
しかし、私には夜道よりもっと恐ろしいことになった
彼は懐中電灯の明かりで私の足元を照らして歩く

一緒に歩きたくはなかった
だから歩くスピードを落とした
しかし、彼は私のスピードに合わせた
その場から駆け出したくてもその勇気と体力もなかった

しばらく山道を登っていくと
私は気分が悪くなった

どうやら、揺れる懐中電灯の光だけを見て歩いていたために
私のテンポと無関係に揺れる光に酔ってしまったらしい

気分が悪くなったのが幸いした
「ここで休んで行きますので、どうぞお先に」
やっと言えた

彼の姿を見送って
一人暗闇の中にたたずんだ

するとどうだろう
真っ暗な道だと思っていたのに
月明かりと満点の星
私の先にずーっと白い道が続いている
山の稜線もはっきり見える
今まで気がつかなかった物が見えた

4月の清里高原は、まだ新芽も出ない
一本一本の木立を渡る夜風も凛としている

人生も同じこと
暗いからと不平いを言ったら
見えるものが見えなくなる

また、むやみやたらに明かりを照らそうとしたら
光が邪魔をして見えなくなることもある


昔、体験した強歩大会の経験が
暗いと不平を言いかけた私に語りかけてきた

       

ちなみにこの強歩大会の結果は最悪であった
片足を痛め同僚に肩を借りてゴールした
時間切れでゴールが取り外される直前であったらしい

みっともない姿であったが
「所要時間16時間23分完歩」と
刻まれた賞状は私だけの小さな誇りでもある
   
 




きょうも最後まで読んでくださってありがとうございます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
プロフィール

sato family

Author:sato family
名前:sato family
4世代、8人国際家族と犬一匹
長野県出身の東京都在住
宣教師

著書:『心を甦(い)かして』(文芸社)
  『成功と幸福を呼ぶ不思議な言葉集』
 

地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

アナログ時計
素晴らしい時間となりますように…
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ村ブログランキング
クリックでランクを確認できます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2ブログランキングは            カテゴリ学問・芸術・文化→小説・詩
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クラシック演奏会
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。