4世代8人国際家族の文鮮明、韓鶴子夫妻に学ぶエッセイ                                      文鮮明師御夫妻のみ言と生きざまに学ぶエッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命を生かす

コスモス

花瓶に飾っていた花
いつに間にか元気がない、もう少しで咲きそうなのに…
残念に思いながら、ゴミ箱にポイッと捨てた

ところが夕方
捨てたはずの花がコップに一輪、見事に美しい花を咲かせていた

どうやら主人が拾って、水切りして彼女(花)を救ったらしい
主人は生き物を生かす達人である

                 

このよう話を聞いたことがあるかもしれません・・・
花に向かって、毎日やさしい声をかけると、きれいな花が咲くと。

朝は、「おはよう、今日も元気でね!」と声をかけ、
帰ってきたら、「いつもいつも、キレイに咲いてありがとう!」と。

毎日、優しい声(心)をかけると、その花は、ほんとに綺麗に咲き
何も声を かけなかった花は、可哀想なぐらい元気がないという。
不思議だけど、本当の話です。

もし、枯れそうな花があったら「がんばれ!」と
声をかけてあげてみてください。

あなたの励ましの声を聞いて、きっと元気を取り戻すはずです。
                   
                                      参考:スピリチュアルメッセージ-



きょうも最後まで読んでくださってありがとうございます!
応援クリックをしていただけると嬉しいです。 
   ↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

木守り

                    柿 

味覚の秋、豊かな実りの秋
果物屋さんの店頭にはたくさんの果物

昨日、都会のど真ん中で
農家をしている友人の家を訪ねた
先日の台風で畑にある柿の木の柿がたくさん落下したという

そんな柿の話をしながら
「木守り」という心温まる話を知った

柿を収穫するとき
木の上の方と下の枝に柿の実を少し残しておくという

木の上の柿は渡り鳥のため
木の下の柿は通りがかりの旅人のために
そういう昔からの習慣が地方にはあるそうである

まるで取り忘れたかのように、
柿の実がひとつふたつ残っているのを見たことがある
残された柿の風景の中に
こんな温かな心が隠されていた

全部収穫しないで残しておく習慣
昔の人の知恵と愛がずっと今に続いている

人は互いに支え合って生きている
どんなに貧しくても
分けて与える美しい心
共生共栄の心を大切にしたい


          木守り柿 
                                               木守り柿




きょうも最後まで読んでくださってありがとうございます!
応援クリックをしていただけると嬉しいです。 
   ↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

時間厳守です!






                  時は金なり


私がとても尊敬する方が、先日遠くに転勤してしまった。
彼に学ぶことがとても多かったので、とっても残念!!

彼は特に「時間を守る」ことについては徹底していた。
必ず約束の10分前には誰よりも先に来て待っている。
遅刻するとか、待たせるということは私の知る限りでは1度もない。
なぜここまでできるのか、その理由を先日彼が話してくれた。

            *
ずいぶん昔、と言っても10年くらい前のことらしい。

彼は、大事な人と待ち合わせをした。

約束の相手は彼よりずっと高いポジションにいる方で、つまり“お偉い方”である。

少し緊張気味で約束の場所に着いた。

まだ“お偉い方”は待ち合わせ場所に来ていなかった。

暫く待っていたがなかなか現れない。

「待ち合わせ場所間違ってはいないだろうか?」だんだん不安になる。

待つこと30分。

もしかして待ち合わせ場所間違ったか? すっぽかされたか?

だんだん腹立たしくなる思いを抑えて、思い切って携帯電話をかけてみた。

「どちらにいらしゃるのですか?」 と彼が聞くと

「何やってるんだ! 人を待たせておいて!」と電話の向こうの人はものすごく怒っている。

「あの~、私はここで30分も待っているのですが・・・」と言った。

すると“お偉い方”は、「私は15分も待った! なぜ5分も遅刻するのかね?」と怒鳴る。

さらに続けて 「時間を守れないヤツとは、これから絶対付き合わない!」 と言われ電話を切られた。

たった5分の遅刻で、大きな約束を逃した。

その後、時々彼はあの“お偉い方”と会うことがある。

そのたびに、挨拶言葉は「すみませ~ん」となって顔も上げることができない。

たった5分で、一生頭が上がらない。

それ以来彼は自分に誓った。

「二度と恥はかかない! 時間は絶対守る! 10分早く行動を起こす!」

                                    10分早く行動!
 「成功者は、時間や物をきちんとしています。
整理整頓、時間を守ることは天国の最初の規則なのです」

「私たちは時間圏内で生きています。時間の観念が徹底していなければなりません。
約束の時間を守るとか、会社の時間を守るとか、学校の時間を守るとか、
そのような時間生活においてすべて徹底していなければなりません。
それが、その人の人格を評価する基準になるのです」
     
          
                            
                              ≪天運を呼ぶ生活 (光言社)より≫



******************************************


きょうも最後まで読んでくださってありがとうございます!
応援クリックをしていただけると嬉しいです。 
   ↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
プロフィール

sato family

Author:sato family
名前:sato family
4世代、8人国際家族と犬一匹
長野県出身の東京都在住
宣教師

著書:『心を甦(い)かして』(文芸社)
  『成功と幸福を呼ぶ不思議な言葉集』
 

地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

アナログ時計
素晴らしい時間となりますように…
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ村ブログランキング
クリックでランクを確認できます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2ブログランキングは            カテゴリ学問・芸術・文化→小説・詩
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クラシック演奏会
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。