4世代8人国際家族の文鮮明、韓鶴子夫妻に学ぶエッセイ                                      文鮮明師御夫妻のみ言と生きざまに学ぶエッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手を受け入れて~批判しないで(3)~

                  バラ

「批判してはならない」というテーマは私の生涯の課題かもしれません。

人を評価するとか、間違いを正してあげると言った誘惑に負けて、
人を傷つけ自己嫌悪に陥ってしまったことが時々あります。

「真の友は決して相手の欠点を指摘しない。たとえ家族であってもとがめたてせず、あら捜しをしない」という言葉を目にした.ことがあります。
真の友とはそういうものなのかと今までの自分を恥ずかしく思いました。

自分が正しいと思った瞬間から間違いが始まるといいます。
正しい自覚さえない自分が、人の間違いを指摘する資格などありません。

「人を裁くな、自分が裁かれないためである」(マタイ福音書七/一)の聖句のように人を批判し傷つけたら、必ず自分に戻ってくるのです。
それを言った当人がダメージを受けるのです。

間違っていることを指摘して、相手が変わることは相当な人格者でない限りおそらく難しいかもしれません。
指摘した内容がたとえ間違っていなくても、傷つけられたのは論理ではなく、相手の感情だからです。

相手の顔をつぶし、自尊心を傷つけたら、相手に反抗心を起こさせるだけに終わり、何の効果もありません。

我が家では、母と私が時々料理を焦がし、お鍋まで駄目にしてしまうことがあります。
「あらっ!また焦がしちゃったの?」
と言われれば
「仕方ないじゃない!お砂糖が入った料理は焦げやすいのよ」
と反発したくなります。

批判するつもりで言ったわけではないけれど、
相手にしてみたら自尊心を傷つけられたように感じてしまうものです。

「ごめんなさい! これから注意するね」
と自分の過ちは素直に認め、言い訳などしないようになれば、今後は料理も焦がさないですむようになるかもしれません。

人は誰でも自分の間違いを自分で発見し、自分から認めることができます。

しかし、人から指摘されたら素直に認めにくいものです。

間違がった相手に対して
「もしかしたら私の間違いかもしれません」
「私もたぶんあなたと同じことをするでしょう」
「私に比べれば、あなたの方がましよ」
と言って一旦は相手を受け入れたらいいと言います。

相手の立場を理解し、相手を包み込んであげる寛大な心をこちらが持っているなら、
相手は素直に自分の非を認めることができるのです。

「相手の失敗の責任は私が取ります!」
このくらいの覚悟が私にあったら、相手も失敗しないで済むかもしれません。

もっと豊かな心で、親のようなまなざしで見つめてあげたいものです。
著書 『心を甦(い)かして』 文芸社
                        ≪著書 『心を甦(い)かして』 文芸社 より抜粋≫


********************************************

最後まで読んでくださってありがとうございます!
応援クリックをしていただけると嬉しいです。
 
   ↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

マグダラのマリアー批判しないで(2)ー

聖書の中にある話から昨日に続けて「批判しないで」の内容を考えてみます。

イエスとマグダラのマリア


マグダラのマリアという女性を沢山の群集が囲み

「この女は姦淫しました。姦淫した女は石打の刑で殺してもよいという法律があります。
あなたはどう考えますか?」と群集は、イエス様は何と答えるであろうかと試したのです。

騒ぎ立てる群集に向かって、イエスは言いました。

「あなたたちの中で、罪を犯したことのない者が、この女に石を投げなさい」と言いました。

これを聞いた人は、一人残らずその場を立ち去りました。


「人を裁くな。自分が裁かれないためである。なぜ兄弟の目にあるちりを見ながら、
自分の目にある梁を認めないのか
」(マタイ福音書七の一)という聖句もあります。

他人を評価したり、その人柄に判断を下す前に、
自分自身の思考や行動を評価してみなさいという話です。

批判したところで問題は一つも解決されません。

それだけでなく世の中に怒りと不信を撒き散らし、自己嫌悪に陥るだけです。

しかし、この「批判する」という人間が持っている堕落性を、なくすのは本当に難しいですね。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


最後まで読んでくださってありがとうございます!
よろしかったら応援クリックをお願いします。
 
   ↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

人生の鏡ー批判しないでー

人生は鏡のようなものです。
他人に映る自分の姿しか見ることは出来ません。

「皆様の一挙手一投足は、水晶のように澄んだ人生にならなければなりません」

文鮮明先生のこのみ言に触れるたびに、思い出される話があります。

子供たちがまだ小さかったころ、よく話して聞かせた話しです。

羊の絵
       広い牧場に一匹の可愛い羊が草を食べていました

       それを見たひとりの人が「あっ、白い羊だ!」と言いました

       二人目は「赤い羊だ!}と言いました

       そして、三人目は「違うよ!茶色の羊だよ」と言いました

       なぜ同じ羊を見たのに、白、赤、茶色に、見えたのでしょうか?

            (う~ん なんで?)

       実は赤く見えた人は赤いサングラスを、

       茶色に見えた人は茶色のサングラスをかけていたからです。

          (なあ~んだ! そっか~)

       同じ物を見ても人によって違って見えたり感じたりするでしょ?
  
       心にサングラスを掛けているからですよ

          (心にサングラスってどうやって掛けるの?)

       大人になったらわかるかもしれないね

          (うん! 早く大人になりたいな~)

       大人になっても水晶のように透明な美しい心でいてね!

          (うん! そうするよ!)


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
最後まで読んでくださってありがとうございます!
よろしかったら応援クリックをお願いします。
 
   ↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
プロフィール

sato family

Author:sato family
名前:sato family
4世代、8人国際家族と犬一匹
長野県出身の東京都在住
宣教師

著書:『心を甦(い)かして』(文芸社)
  『成功と幸福を呼ぶ不思議な言葉集』
 

地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

アナログ時計
素晴らしい時間となりますように…
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ村ブログランキング
クリックでランクを確認できます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2ブログランキングは            カテゴリ学問・芸術・文化→小説・詩
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クラシック演奏会
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。