4世代8人国際家族の文鮮明、韓鶴子夫妻に学ぶエッセイ                                      文鮮明師御夫妻のみ言と生きざまに学ぶエッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怨讐を愛して~その2~

家庭や社会の人との関わりの中での怨讐関係は、
普段表には現れませんが何かの縁やきっかけを通して噴出します。

怨讐関係は力や権力では消すことはできません。
怨讐の力よりももっと強い大きな愛、真の愛の力で可能になるのです。

イエス様
「敵を愛し、迫害する者のために祈れ」(マタイ福音書五/四十四)と,

お釈迦様
「憎しみは憎しみをもってしては永久に消えない、愛を持ってして始めて消すことができる」と言いました。

また、私の敬愛する文鮮明師
「殴られても忘れ、悪口を言われても忘れるのです。自分に反対した者をどうこうしようとは、夢にも思ってはいけません。心情を傷つけられたからと言って、それを仇に思うことなど夢にもありません。むしろ愛を与えることができなかった自分の責任と思います」と言っています。

愛しやすい人を愛することは誰にもできます。
しかし、愛しにくい人とか嫌いな人を愛しなさいというのですから、
それは本当に難しいことです。

怨讐感情が出てきたその時がお互いの中にある怨みを清算し、
お互いの心をひとつにするチャンスになります。

「大嫌い!」「絶対許せない!」など怨讐感情が出てきたとき、
自分の感情と真っすぐに向かい合って見るのです、
苦しくても嫌でも怨みの心情の壁を破壊しなければなりません。

そのためには謙虚さと相手に対する許しと愛の力が必要です。
それらは深い祈りの中から与えられるのです。

逃げ出したり抵抗しないで、一つ一つ克服していくことは
人格を向上させ、愛のレベルを高めます。

自分に関わってくださる人を通して自分が成長できるのですから、
そういう意味では自分にとって難しい相手ほどありがたい存在と言えます。

「敵を愛しなさい、怨讐を愛しなさい、愛せない人を愛しなさい、苦しみを与える人のために祈りなさい」とは簡単ではありません。

しかし、こういうことができたらどれほど素晴らしいことでしょうか。


asagao-ms.jpg

最後まで読んでくださってありがとうございます!
よろしかったら応援クリックをお願いします
   ↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

怨讐を愛して~その1~

あなたの敵を愛し、あなたに罵声を浴びせる者に祝福を与えなさい。
あなたに憎しみを持つ者を思いやりなさい。
そして、あなたにつけ込んだりする者の為に祈りなさい。
(マタイ福音書五/四十四)


怨讐関係というものは関係が深ければ深いほど、近かければ近いほど怨讐という関係になりやすいものです。

親と子の中に、夫婦の中に、兄弟間に、親戚の中に、会社や組織間に、民族や国家間などすべての関係の中にあります。

仇を仇で返す、怨みを怨みで返す「仇討ち」とか「復讐」といったものは、たとえ怨讐を打ちのめして滅ぼしたとしても、怨讐感情が消えてなくなるのではなく、むしろ拡大され増幅されて残っていくのです。
 
悪口を言われたこと、意地悪されたこと、殴られ蹴られたことなど、いつまでも心の傷となって残っています。

信頼関係にある仲間や家族の中でも些細な言動が怨みになってしまうことがあります。

ずいぶん前の話ですが、娘が私の誕生日に花束を買って来てくれたことがありました。
それは片手では抱えきれないほどの、私の好みのバラの花をちりばめた美しい立派な花束でした。

「いつも何もしてあげられないから・・・、ちょっと高かったけどね」
と言って、娘は得意げな表情をしました。

その時、私は本当に嬉しかったはずなのに・・・。
彼女がアルバイトで稼いだ少ない給料の中から、こんな高価な花を買ってくるとは何ともったいないと思っていました。

「ありがとう!」とは言ったものの、しばらくしてから
「でも、もったいないね。こんなお金があったら貯金でもしたらいいのに」
と言ってしまったのです。

その瞬間、娘は花瓶に飾った花を掴んで私の目の前に投げつけました。
折れ曲がった花を一本一本拾い上げながら、涙がポタポタと落ちました。
私は何というひどいことを言ってしまったのか
娘の真心に傷を負わせ、記念日を台無しにした自分が情けない。

お互いに「ごめんなさい」が言えるまでには少し時間がかかりました。

このことを通して私と娘は、お互いの心を理解すること、許してあげること、どんな事にも感謝することを学びました。

「喜んで与える人と同じように、喜んで受ける人を神は愛される」という言葉があります.

どんな人からでも、どんな物でも、喜んで受けることができる人にならなければと思いました。

美しい花は無駄にしてしまったけれど、花束よりもっと価値のあるものを、神様は私にプレゼントしてくださったのだと思ったのです。

(次回に続く)


薔薇の花束

最後まで読んでくださってありがとうございました!
よろしかったら応援クリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
プロフィール

sato family

Author:sato family
名前:sato family
4世代、8人国際家族と犬一匹
長野県出身の東京都在住
宣教師

著書:『心を甦(い)かして』(文芸社)
  『成功と幸福を呼ぶ不思議な言葉集』
 

地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

アナログ時計
素晴らしい時間となりますように…
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ村ブログランキング
クリックでランクを確認できます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2ブログランキングは            カテゴリ学問・芸術・文化→小説・詩
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クラシック演奏会
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。