FC2ブログ

4世代9人国際家族の文鮮明師御夫妻のみ言と生きざまに学ぶエッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手紙 ~親愛なる子供たちへ~

ajisai15_convert_20100630235633.jpg


手紙 ~親愛なる子供たちへ~

【作詞】不詳
【訳詞】角 智織
【日本語補詞】樋口 了一
【作曲】樋口 了一

年老いた私が ある日 今までの私と 違っていたとしても
どうかそのままの 私のことを 理解して欲しい
私が服の上に 食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなことを 教えたように 見守って欲しい

あなたと話す時 同じ話を何度も何度も 繰り返しても
その結末を どうかさえぎらずに うなずいて欲しい
あなたにせかまれて 繰り返し読んだ絵本の あたたかな結末は
いつも同じでも 私の心を 平和にしてくれた

悲しいことではないんだ 消えて去って行くように 見える私の心へと
励ましの まなざしを 向けてほしい

楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのを いやがることきには 思い出して欲しい
あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて
いやがるあなたと お風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しいことではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に
祝福の祈りを捧げて欲しい

いずれ歯も弱り 飲み込むことさえ 出来なくなるかも知れない
足も衰えて 立ち上がる事すら 出来なくなったなら
あなたが か弱い足で 立ち上がろうと 私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの 手を握らせて欲しい

私の姿を見て 悲しんだり 自分が無力だと 思わないで欲しい
あなたを抱きしめる力が ないのを知るのは つらい事だけど
私を理解して支えてくれる心だけを 持っていて欲しい

きっとそれだけで それだけで 私には勇気が わいてくるのです
あなたの人生の始まりに 私がしっかりと 付き添ったように
私の人生の終わりに 少しだけ付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで 私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変らぬ愛を 持って笑顔で答えたい

私の子供たちへ
愛する子供たちへ





                            

昨日6月13日が最愛の母の88歳の誕生日。
母は、介護施設グループホームで生活を始めて9ヶ月になる。
昨日は誕生ケーキをもって母に会いに行った。




きょうも最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
あなたに限りない幸せがありますように・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
  
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ




スポンサーサイト

拝啓、美しい老い!

     pink-roses-bouquet-romanticdsc01624_convert_20100603021811.jpg



六年前、八十二歳の母が行方不明になった。
「ちょっと買い物に行ってくるね」と言って、家を出て行った。
そろそろ帰ってくるだろうと待っていたが、なかなか帰ってこない。
少し心配になった。
三時間が経過した。ますます心配になった。
外はすっかり暗くなっていた。
きっと帰り道がわからなくなったに違いない。

母はアルツハイマー型軽度認知症で、十分前の出来事を忘れてしまう。
家の住所と連絡先を刻んだブレスレットを手首につけている。
母を捜すために、母の立ち寄りそうな店をのぞいてみた。
一時間ほど探しまわったが母の姿はどこにもない。
仕方なく、駅前の交番に飛び込んだ。
「母が買い物に行ったまま、家に帰って来ません」
警察官が、母の名前や身体の特徴と服装などを聞いてから、
「110番通報しましょう」 と言った。
「えっ、110番通報?」
警察官が110番をするってどういうことかと不思議に思っていると
「110番をすると、たくさんの警察官が、一斉に捜してくれるんですよ。家に帰ってお待ちくださいね」
母が帰ってきたら、帰ったことを110番するように言われ、私は急いで家に戻った。
母ひとりのことで、たくさんの警察官が動かなければならない。
いったいどうやって捜すのだろう。なんだか申し訳ないと思った。
しばらくすると電話が鳴った。交番から、母が見つかったとの電話だった。
なんと、交番に母が一人でやって来たそうだ。
母にそんな知恵があったことが不思議だった。

定かではないが、母の話では、暗くなって帰り道がわからなくなり、見知らぬ家に助けを求めたらしい。
家の住所も電話番号も言えない母に、その家の人が交番に行くように勧めたそうだ。
このようなことは、これが初めてではない。
間違ってバスに乗り、見知らぬ人の家に保護されたり、犬と散歩中に迷子になったときは、パトカーに乗って、犬と一緒に家まで送ってもらったりした。
「大丈夫、大丈夫!」 と母は言うけれど、ちっとも大丈夫じゃない。
母の現実を受け止められない私の胸に、母の担当医師の言葉が突き刺さった。
 「もしあなたが、少し前の出来事を次々に忘れたら、どんなに不安ですか」

これが老いというもの、いずれ誰もが迎える老い。
認知症も病気の一つではあるが、ごく自然な当たり前の老いなのかもしれない。

それから二年後、母は私家族と共に住み慣れた東京郊外の調布市を離れ、自然の豊かな稲城市に引っ越した。
そのころから母の認知症状はさらに進行した。
家のトイレの場所が分からなくなった。
食事を食べたか食べてないかわからなくなった。
冷蔵庫から、郵便物や調理器具が出てきたこともあった。
昼と夜が逆転し、早朝、家から六キロ先で娘の家に行くと言って、リュックを背負って歩道に座りこんでいた母を、不審に思った新聞配達の人が保護してくれた。
幸いリュックの中に家の住所と連絡先があった為に家に戻ることが出来た。

介護施設入所については考えてもみなかった。
母をそこに送るべきなのか、デイサービスのスッタフや、ケアマネージャーに相談した。
なぜかそのたびにポロポロと涙が落ちる。
四世代九人家族。私たち夫婦と孫やひ孫と一つ屋根の下で暮らす母は、果たして幸せか、それとも介護施設で静かにのんびり過ごす方が幸せなのだろうか。
同じ悩みを経験した友人に相談してみた。
「介護施設に入れた方がいいよ。本人のためかもしれないけれど、家族のためにも」 と言った。 

悩んでいるとき、家のすぐ近くに新設予定の介護施設グループホームの入居者募集広告が目に入った。
定員十名限定だという。目と鼻の先に新設され、少人数の施設である。
ここしかないと、すぐに応募した。
けれど、入居のための面接後に、本当にここでよいのか、生活を家から施設に移すだけとは言っても、母が嫌がらないだろうかと、再び悩んでしまった。

そんなある夜のこと、
「新聞とマッチはどこにあるの?」と母が夜中に起きてきて私に聞いた。
「お客さんが、たくさん来たから部屋を暖めてあげないと」 と母は言った。
この出来事で迷わず決断した。
これ以上母を苦しめないように、現実を受け止めてあげようと.
母の新しい生活を祈 ってあげようと。

母がグループホームで生活するようになって8ヶ月が経った。
入居した初日、子供のように私の傍を離れなかった母が、十人が楽しく暮らすホームを「私の家」と言うようになった。
孫やひ孫とワイワイ生活した懐かしい我家も、母は忘れてしまったようだ。
「また来てね。」 と、面会して帰る私に母は笑顔で手を振り見送ってくれる。

そんな母も今年6月には米寿を迎える。

                                  (2018年5月記)

            




きょうも最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
あなたに限りない幸せがありますように・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
  
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ






人間て素晴らしい

 07302_convert_20100516044805.jpg

「はい、 どうぞ!」と言って
2歳の孫が嬉しそうに、私に何か持ってきた。
なんと、それは台所にあった包丁だった。
その瞬間、私は飛び上がった。

先日も散歩中に、落ちていた犬の糞を拾って
「はい、 どうぞ!」と、私を驚かせた。
孫と生活する毎日が、もう感動と驚きと大発見の連続である。

小さな子が 「はい, どうぞ!」と、何か物を差し出す仕草は、なんともほほえましい。
そんなとき私は「はい、ありがとう!」と大げさに喜んでいた。
だから、ますます彼は私達を喜ばせたくて “はい、どうぞゲーム” をする。
それがたとえ大人にとって嬉しいことでなくても、人を喜ばせたくて、いろんな事をするのだろう。
2歳の小さな子供でも “相手を喜ばせたい” 心を持っている。

「駄目駄目!!」って否定したくなるときも、相手を喜ばせたい彼の純粋な心を、いったんは受け入れたいと思う。
包丁の危険性も、糞が何であるか、彼はまだ知らないのだから。
でも、彼はしっかり見ている。
まな板の上でトントンと踊る包丁や犬の糞を拾って帰る散歩道。

生まれたばかりの赤ちゃんも、そこに居るだけでまわりを喜びに変える。
まだ何にもできない小さな輝かしい生命も、相手の喜びの為に生きている。

”人の為に生きる” こととは、本来の人間の姿なのか、人間は本能的に”為に生きる”ようになっている。

相手の喜びと幸せの為に生まれてきた人間、人間って本当に素晴らしい。







きょうも最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
あなたに限りない幸せがありますように・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
  
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

出会い

       as_083_convert_20100907012134_20100907012553.jpg

時に天は、いろんな方々を送ってくださいます。
様々な出会い、驚くばかりです。
人生って素晴らしいですね。

たくさんの方が私達に寄り添って、希望と勇気をくださいました。

しばらく更新しなかった「天国への道」ブログ
5年というブランク。
歳月の重みにブログ再開が出来ませんでした。
私も家族も変化しましたが、ブログは同じタイトルで、
少しずつ再開したいと思うようになりました。

その中のお一人が
1月31日、皆既月食「スーパーブルームーン」の情報を教えてくださった方です。

私にとって、太陽と月は特別な存在であり、
そこに価値と一種のこだわりを持ってきました。

家族でこの日1/31が晴れるように祈っていました。
太陽と月と地球が一直線に並び
地球が太陽と月に完全に抱かれた現象になります。
「新たに生まれ変われる瞬間」 であると期待していました。

下記に、教えていただいた内容の一部を抜粋いたしました。

【本日の皆既月食】
 ①満月よりも大きく見える「スーパームーン」
 ②満月が一月で2度起こることを「ブルームーン」
 ③さらに月食のときに月が赤銅色を帯びる「ブラッドムーン」
この3つの現象が重なり非常に珍しい現象となるのが「スーパー・ブルー・ブラッドムーン

今夜楽しめるのは、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼ばれる現象。
計算上、平均して265年に1度の出来事らしい。

皆既月食

ダウンロード

【時間帯】
1/31(水)全国で皆既月食が見られます。
 20:48 欠け始め
 21:51 皆既(完全に隠れ赤く見える)の始まり
 23:08 皆既の終わり
 24:11 丸い形に戻る

【意味】
* 気象では「地震が起こりやすい」太陽、月、地球の引力の影響
* 一般には滅多に起こらない幸運、見ると幸せになる
* 占いでは「人生の転機」流れを変える
* 予言では「時代の変わり目「節目「転換期」など
* スピリチュアルでは「手放し」のタイミング」。  手放すことで幸せになる、過去を断ち切る、人間関係、体に良くない習慣、 ネガティブになる感情など


太陽と月 誰にでも、どこにでも平等な存在ですね。
私達といつも一緒に運行しています。
明日も良い日でありますように!



きょうも最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
あなたに限りない幸せがありますように・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
  
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

復活



窓辺に咲いた美しい鉢植えの花々達
サイネリア、シクラメン、バラ、プリムラ

二重サッシの温室の様な出窓の中で
元気に育っている

その中で、一年中花を咲かせてくれる
真っ赤なハイビスカス
夏の花なのに…

暑い季節には二三日で花を落としてしまう
でも寒い冬はなかなか花を落とさない
色あせてもじっと静かに咲いているハイビスカス

「そんなに頑張らなくていいよ」
「無理しなくていいんだよ」
思わず声をかけてしまった





きょうも最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
あなたに限りない幸せがありますように・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
  
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ







プロフィール

sato family

Author:sato family
名前:sato family
4世代、9人国際家族
長野県出身の東京都在住
フラワーアレンジメント講師
宣教師

著書:『心を甦(い)かして』(文芸社)
 『成功と幸福を呼ぶ不思議な言葉集』
 

地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

アナログ時計
素晴らしい時間となりますように…
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ村ブログランキング
クリックでランクを確認できます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2ブログランキングは            カテゴリ学問・芸術・文化→小説・詩
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クラシック演奏会
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。